カテゴリ:マンガ・小説( 25 )

ビスケット・クルーガー

e0245053_19050392.jpg


ビスケットクルーガーの元ネタって他の漫画のキャラってなってるけど、は私はこれも入ってると思います。
e0245053_19050382.jpg


WWEのディーバ?チャイナさん
e0245053_19050452.jpg

e0245053_19050457.jpg

まんまでしょ

[PR]
by p-3h | 2016-04-06 19:14 | マンガ・小説 | Comments(0)

アイザック・ネテロ氏の念系統

e0245053_26989.jpg

ネテロの念系統は、巷では強化系となっていますが(ファンブックで強化系と言われているそうな)、私は放出系だと思っております。


根拠はやはり、奥の手「百式の零」
決め技は自分の系統を使う、と思うので。
また、ピトーには観音なしバージョンの、放出技を使用してたし。

ついでに言うと、ノブナガも強化系ではないでしょう。
腕相撲弱いし。タイマン専門らしいし。
実はあの刀、具現化してんじゃね?脇差しじゃなくて、打刀を二本差してる画があるんですよね。

でも次のシーンでは一本になってたり、まぁ描き忘れっぽいけど。
G・Iで再登場した時は、二本差しに戻ってるので二本の内、一本は具現化、もしくは二本とも具現化刀じゃなかろうか。

今後ノブナガの活躍が描かれる事を祈ります。
[PR]
by p-3h | 2015-01-09 02:06 | マンガ・小説 | Comments(0)

キルアが念を知らなかった矛盾

e0245053_124266.jpg

急にやりたくなったのでやります。

ハンター×ハンターのもう一人の主人公キルア。
キルアの念修得時期について矛盾があるとされているので、考察してみる。


矛盾1:「ジイちゃんのドラゴンダイブ」発言
ゴンと同時に念を修得したキルアが、ゼノの技をどこで知ったのか?

矛盾2:カルトの方が先に念を修得している?
ゴンと同時に念を修得したキルアだが、2歳下の弟カルトは、あっさり旅団に入団できる程の念を修得している(団員との実力に差はあるが)
裏ハンター試験まで、念を知らなかったキルア。おそらく同じ様に育ったカルトが、どこで念を修得したのか?


矛盾2から
仮説1:キルアが家出をしてから修得した
キルアが家出をしてから、カルトが旅団に入団するまでの期間、ゾルディック家の人間なら修得するに充分な時間に思われる。
しかし、何故キルアの家出が契機になったのか疑問が残る。

仮説2:キルアが家出をする以前から修得していた
何故かキルアだけ、家族内で念を教わっていなかった。何故キルアだけという疑問がある(ミルキも修得している様子はないが)。



この仮説を立証する手段はないが、二つの疑問を解く鍵はある。
・キルアは、才能だけなら一族中1番。
・しかし暗殺者としての精神が未完成。
・そのキルアを家族は過保護に扱っている。

念修得によるリスク回避のため、キルアには教えていなかった。
一族1番の才能を護るため、念能力者相手の暗殺業務をさせまいと、していたのではないか。
仮説2の疑問はこれで解消。仮説1の疑問もキルアを護るため、カルトが自発的に、もしくは家族に促されて、またはその両方によって解消される。

仮説1、2どちらかは断定できないが、矛盾2:カルトの方が先に念を修得している?は解決される。
しかしそれにより矛盾1は、より強固な矛盾になったように思われる。
ハンター試験以前に、過保護にしていたキルアに、ゼノが自身の念能力を教えたはずはなく、また念習得以降キルアがゼノの技を見る機会もなかったと考えられるからだ。


仮説3:念能力とは知らずに、技を見ていた
仮説としてかなり苦しいが、キルアがゼノの仕事に同行する事はあったのではないか。事実、カルト・マハはイルミの十老頭暗殺に同行している。

仮説4:キルアは蟻討伐に家族が関わる事を知っていた
蟻討伐はこれまでキルアが体験した以上の、危険度の極めて高い試練だった。そのため執事、またゼノ本人が、今回の任務にゾルディック家が関わる事を予め、伝えていたのではないだろうか(家族の誰が、どのように、は言わずに)。


仮説4の根拠として、十老頭暗殺と旅団暗殺を別々に請け負った際、家族間で連絡を取り合い無駄なリスクを回避していた点がある。

また家出以降キルアは、監視されていた可能性がある。
ハンター試験時はイルミが、蟻討伐時はツボネまたは別の誰かがキルアを監視していた(神速を見た時のツボネの発言「あらかじめ知っていなければ…」から)。



以上の仮説から、蟻討伐に家族が関わる事を知っていたキルアが、ドラゴンダイブを初めて念能力と認識し、ゼノと結びつけ理解したと考えられる。
…とつらつらと駄文を並べてみたが、こういった遊びが出来る程、ハンター×ハンターは面白いと結んで締めたい。
[PR]
by p-3h | 2015-01-04 01:24 | マンガ・小説 | Comments(0)

ジョジョの奇妙な冒険(アニメ)

e0245053_235369.jpg

ジョジョの奇妙な冒険(アニメ)


原作に忠実なのはいいけど、もっと演出できるだろうに。

特にバトルの演出が甘い。
一応バトルマンガなんだから、戦闘は魅力的にして欲しい。


原作に遠慮してちゃ面白いの作れないんじゃないかな。
その点、ピンポンは面白い。
前回は野沢雅子の最後の台詞が、カッコ良かった!
[PR]
by p-3h | 2014-05-17 02:35 | マンガ・小説 | Comments(0)

りぽぐら!

西尾維新の短編集です。


実験小説で、同じストーリーがが5つずつある訳ですが、肝心なのはどう楽しむかですな。


?@オリジナルを読んでから、A~Dを読む。

?AA~Dを先に読み、オリジナルを読む。

?BA~Dを扉絵で選んで好きな物を読む。




忘れた頃に読むようにします。
[PR]
by p-3h | 2014-01-28 01:01 | マンガ・小説 | Comments(0)

百識の方治

e0245053_3263170.jpg

百識の方治

映画を観てから、今更ながらマンガをちゃんと読みました。


方治かっこええ。
忠臣ぷりが素敵すぎる!

志々雄真実の強さも、ぱない!
しかも剣心、志々雄は倒してない!


方治の言葉の連呼は、西尾先生も影響されてるんでしょうか?
[PR]
by p-3h | 2013-07-24 03:26 | マンガ・小説 | Comments(0)

シガテラ

稲中とかヒミズを描いてる古谷実の作品ですな。


自分の弱い所、コンプレックスを見せられているようで、読後感が良くはありませんが、続きが気になって読破しました。


これを読むと、昔の彼女の事を思い出して、いつまでも囚われている自分が嫌になります。

よりを戻したいと言うわけでもないけど、嫌われたくない、出来れば好かれていたいと思ってしまう自分がいます。

会わない事が一番なんですが、1年に一回くらい、顔を合わせる機会があってしまう。
その前後で昔を思い出して、囚われまくってます。

自分の知らない所で幸せになってくれたらと思います。
そして出来れば会いたくない、新しい彼女でも作って思い出を上書きしたい。
[PR]
by p-3h | 2013-07-15 22:16 | マンガ・小説 | Comments(0)

ヒミズ

映画にもなった作品です。
絵は写実的で好きなんですが、3巻の途中までよんで、読後感が悪い…

読んでる時は、面白く読んでるんですが、読み終わった後複雑な気持ちにさせられます。



他にも[孤高の人]も面白いけど、読後感悪いです。主人公が孤独過ぎる。

どっちも絵はすごく上手いんですけどね。青年誌の特徴でしょうか。


私はバカっぽくても、読んだ後気分のいいものが好きです。
[PR]
by p-3h | 2013-06-29 22:10 | マンガ・小説 | Comments(0)

悲痛伝

e0245053_20103112.jpg

西尾維新 悲痛伝

西尾先生お久しぶりです。
結構前に出てたんですね。
私とした事が、知りませんでした。


悲鳴伝が中途半端な終わり方だったので、続編は当然ですが…最早内容忘れてます。

キャラの名前やら何やら、しかし読み直すには最長巨編ですからね。しんどい。


粗筋書いてる人探します。

久し振りの西尾先生、読みたいけど、読み終わちゃうのが寂しくて、読みたくないような…
まあ読みますけどね。
[PR]
by p-3h | 2013-04-12 20:10 | マンガ・小説 | Comments(0)

ジョージ・ジョースター

e0245053_2115629.jpg

VS JOJO 第3弾
舞城王太郎のジョージ・ジョースター



詰まんねぇ。


無駄に長い。ギャグも笑えない。推理小説なんだか、冒険譚なんだか分からない、中途半端。メチャクチャ。中2。説明不足、状況が想像できない。下手。勢いだけ。



色々ツッコミたいけど、ありすぎて面倒臭い。

恥知らずのパープルヘイズがダントツ面白いわ。

読み終わってイライラする小説は初めてです。
[PR]
by p-3h | 2012-10-01 02:11 | マンガ・小説 | Comments(0)