夜桜四重奏

e0245053_5115062.jpg

作:ヤスダスズヒト
月刊少年シリウス(講談社)

アニメ化もされたマンガです。


イラストレーターとしても活躍する作者さんなので、女の子が綺麗です。


反比例して老人・中年は、髭の生えた青年です(青年の絵+髭みたいな!)

何故か中年以降の男性キャラは、顔の骨格がエライ事になってます。



以下も批判しかしないので、もしファンの方がいらしたら読まないで下さい。




内容が、青春日常系たまに神霊バトル。


しかし、七郷やら妖怪がリアル現代に馴染んでいるようで、リアリティがたりてない。

七郷の天辺すら、どうなってるか誰も調べす、
御神木と言うわりに、好き勝手に登れるし
かなりの高層にも関わらず七郷頂上付近は、いっさい風吹かず
登るには、どうやって固定してんだか、何故か風に揺れない縄梯子一本のみ(複数同時登頂可!)



たまにのバトルも…
キャラたちが一生懸命作戦立てて戦ってるけど、
なんか抜けてる。



各キャラ主観の日常編が人気の理由なんじゃないかと推察します。

バトルに参加する子も、しない子も兎に角、女の子が沢山登場するんですが、

それがイマイチ好きになれないです。というかキモい。


サービスショット満載で、やたらにパンチラ、乳揉み、百合絵、男に尽くす都合のいい女ばっかり。

反して男キャラは奥手、草食系ばかり。もちろん主人公はハーレム。
コミックスのオマケページですら乳を揉む始末。
(思い出したらイライラしてきたんで、もっと書きます)

(アオが寝ている八重から取った靴下を履く…
履くか!?人が履いてた靴下履くか!?上着なら未だしも、肌着類はないって!)

(靴下を脱がされた事に気がついて、ショックで気絶する八重そしてパンチラ
靴下脱がされて、気絶って意味わかんね。
そしてパンチラ意味わかんね。
みんな縞パン意味わかんね。)




重ための話もあるんだけど、無駄なエロさでシリアスになりきれない。

それでいて、主人公たちの目的が世界を救うってんだから
どこが日常なんだ。



まぁ明るく楽しくエロティックに世界を救うんでしょう。


散々書きましたが、服は上手いんですよね。
服のシワやら影やら、見やすくて良いです。
[PR]
# by p-3h | 2012-08-18 05:11 | マンガ・小説 | Comments(0)

人喰猪、公民館を襲撃す

e0245053_21341458.jpg

ホラー(韓国)枠で放送され、タイトルから漂うチープ感に全く期待していませんでした。


ぶっちゃけ今月観た映画の中で、一番面白いかも!!




観終わって(善きにつけ、悪きにつけ)気になった映画は、Yahoo!のレビューをみているのですが、

「猪、公民館~」はレビュー数も少なく、評価は高くありませんでした。

しかし、これをホラーと思って観続け、楽しめなかった人は残念です。



この映画はホラーではありません!

邦画「TRICK」の様な映画と言えば、分かって頂けると思います!


ギャグにホラー?にアクション、人間ドラマなど色々入ってて、

人によっては「全て中途半端」と思われるかもしれませんが…



その中にも、社会問題や人間性などのテーマが盛り込まれており、
B級ながら野心的な作品になっています。


要は、「何コレあり得ね~」って笑えばいいんです!!
[PR]
# by p-3h | 2012-08-11 21:34 | 映画・舞台 | Comments(0)

THE CAT

e0245053_18513452.jpg

夏です。怪談です。

韓国ホラーです。



Yahoo!のレビューでは「切ないホラー」と評されていましたが、

まぁストーリーはポツポツ穴があいております。足元にご注意下さい。



しかし、私が評価したいのは、ホラーシーン。
かなりジャパニーズ・ホラーを研究したんじゃないでしょうか。

好きな演出でした。
序盤から出し惜しみせず、ガンガン霊が出てきます。

むしろ出し過ぎと思うくらいです。

ただ、後半のワンシーンで殺害方法が急にフレディみたいになります(その1回だけ)


もう1つ評価したいのは、出演している猫の演技!
恐怖に怯える表情が真に迫っています(多分、本気で怖がって…)




西洋ホラーのスプラッタ系は
嫌いです。特に「SOW」とか。

痛いだけじゃないっスか?
Mじゃないし、痛がってる人みて喜ぶほどSでもないし、楽しめません。
[PR]
# by p-3h | 2012-08-10 18:51 | 映画・舞台 | Comments(0)

カンフーパンダ2

e0245053_0275570.jpg

これはアクション映画だ!!



CGアニメーションによる、各動物ならではのアクションが、楽しい!

そのコミカルなアクションは、ジャッキー・チェンのダンスの様な格闘シーンを彷彿とさせる。




そのジャッキーも声優として登場するなど、キャストも豪華だ。

アンジーは声も大好き!!
ぶっちゃけジャッキー・チェンの声は石丸博也さんでしか認識してないから、聴いても分からんかった




キャラクターの表情が豊かで、特に主人公のポーは、様々な表情を見せてくれる。

そのキャラクターは、かなりお調子者だが、闘うと強い所が痛快だ!




正直、期待してなかった分、思いがけず感動してしまった。

映画を観るときは、「期待しないで観る」というアプローチが、作品を楽しむコツかもしれない。
[PR]
# by p-3h | 2012-08-07 00:27 | 映画・舞台 | Comments(0)

ケープフィアー

e0245053_8273839.jpg

狂気の復讐鬼をデニーロが熱演。

ムキムキの体に刺青が印象的で、デニーロアプローチって奴ですね。
いや~恐い。


動機が恨みって所が、ただの快楽殺人鬼とは違う、しがらみの怖さというか。



娘を懐柔していくシーンは、危うさと艶かしさで緊張感がありました。


字幕だったんですが、時代のせいか少し分かりにくい所がありました。
後半のアクションは、分かりやすさを重視してたのか、今一つに感じました。




ただ、ラストのセリフが印象的でした。
「過去を引きずるのは、毎日少しずつ死んでいく事だ。私は生きたい。」
[PR]
# by p-3h | 2012-08-03 08:27 | 映画・舞台 | Comments(0)

チェリオ!!!

e0245053_20441573.jpg

こんな飲み物あったんですね!

e0245053_20441589.jpg

ショートカットの方が好きです
[PR]
# by p-3h | 2012-08-02 20:44 | 独り言 | Comments(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

e0245053_530170.jpg

シリーズ史上一番、つまらなかった。


シリーズのテイストは残してはいる。コミカルなアクションとか…


しかし、各々のキャラの目的がよくわからん。


・ジャックは最初と最後で言ってる事ちがくね?
「永遠の命手に入れる」から「自分の最期は知りたくない」
?でも3では、永遠の命を手に入れようとしてた節があったよね?



・アンジェリカは、どうしてあそこまで父親思いなんだろ?
黒髭が父親だと最近知ったような雰囲気だったけど、
会ったばかりの残酷な海賊に、愛情感じるかね?

何か父親を慕うエピソードがあると良かった(幼い時の記憶とか、母の言葉とか)



・ジャックのアンジェリカに対する気持ちが分からん。
身代わりに滝に落ちたり、無人島に置き去りにしたり。
罪の意識?ジャックって罪悪感で、動く男だっけ?



・黒髭の剣は、観客が勝手に想像しろって事?
あれ持ってるなら、乗組員いらねーじゃん。船上なら無敵だし。

剣にまつわるエピソードも欲しいね。せめても名前くらいは紹介したい。



・船を瓶に閉じ込める理屈が語られてない。
ストーリー上些細な事かもだけど、ここまで来ると、黒髭もはや魔術師じゃん。

ブラックパールはストーリー上、ジャックの真の目的だったのにね。適当に描かれてる。



・スペイン人は、永遠の命嫌いみたいだけど、理由は?
「永遠の命は誰もが欲しい」ていう人間の欲望がありきの、物語なのに、
第三勢力のスペイン軍が、泉の破壊が目的とは…
アイディアは面白いけど、理由が「永遠の命は信仰に求めろ」か…

正しいけど、つまんない。
信仰心の裏に欲があったら良かった。やっぱり欲が絡むから、物語は面白い。

それに、1つの宗教を作品の中で、肯定するのは好きじゃない(日本人だからかな?)



・人魚はなぜ杯を拾ってくれたの?そこは恋人に使うんじゃないの?
・忘れてるけど、冒頭のジジイは不死身なの?

・あの豚はなんだったの??



多分まだまだ、疑問はあると思うけど、ここまでにします。




「映画の面白い所は、どんな駄作でも面白いと言う人がいる事だ」

引用っぽく書きましたが、私の言葉ですけどね。

長くなってますが、面白かった点も書いときます(忘れないように)

・三つ巴のアクション
杯と涙と剣を取り合う3人でのアクションシーン

・人魚が全員美人なのが良かった(そこから想像が膨らむ)

・義足に隠した酒(重いだろ!)
[PR]
# by p-3h | 2012-07-29 05:30 | 映画・舞台 | Comments(0)

彼とわたしの漂流日記

e0245053_1473697.jpg

韓国の映画です。


いや~存外面白かった!

引きこもり女と、失業中の男の話なんですが、
まぁ根本的な解決には至ってないけど、社会問題とか織り込んでありました。



ヒロインのキャラが魅力的でした。
浮いたり、ヘルメット被ったりがマンガ的で楽しかった。


ただタイトルがイマイチかな。原題は知りませんが、
キャッチーなタイトルは、どのジャンルでも課題ですな。



韓国映画だとウンコネタや、泣きの演技は「ヨダレと鼻水」がお約束なんだとか。


韓国映画初心者が、楽しめたので誰でも楽しめる映画だと思います。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-25 14:07 | 映画・舞台 | Comments(0)

注目のブログ!

http://mblog.excite.co.jp/user/manshukits/


いや今日知ったんだけど、皆さん好きなブロガーを自分のブログ内で紹介してるんですね。


いや~知りませんでした。これがクチコミって奴ですね。そういう事なら、紹介しない訳には、いかないのが、コレですな。

「まん…きつこの…ものワンダーランド」

口にするのが、はばかられるようなタイトルですが、要するに略して「マンキツ」!!

勝手に略してすみません。


ホントに面白いんです。


私なんかは、自己満足の為にブログなんて書いてますが、きつ子先生は読者を意識されていて、さらに自分自身も楽しんでいる。(楽しんでおられると思います)


人に見せる、人を魅せるブログに感服いたします。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-25 04:18 | 独り言 | Comments(0)

ソーシャルネットワーク上の自分2

Facebookは、自分の意見を他の人と、共有できる。

賛同してもらうと、加速度的に拡がっていく。


自分を他人の中に残す、電子の海に自分を広げていく。それは、生物が子孫を残す行為と、似ている気がしてくる。



じゃFacebookはsexなのか?(アメーバピグで小学生が疑似sexしてるって報道があったけど)


人との繋がりを求めた、電子乱行パーティー
あまり話が飛躍して、自信がなくなっきた。

まぁ、ちょっと哲学な気分でのソーシャルネットワークについての考察でした。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-25 02:48 | 独り言 | Comments(0)

ソーシャルネットワーク上の自分

このブログを始めて、10ヶ月ほど経ちました。

さらに最近、友人の勧めでFacebookを始めました。


Facebookでは、実名で顔も名前も知っている友達に向けて発信するわけですが…




書く事ねー

やっぱり顔が割れてないブログの方が、色々書きやすいんですわ。
友達に、見せられないテンションで書いてるって訳でも、ないのだけれど。

友達に、心許せてないって事ですかね。

実名で会話するFacebookは理性的で、独り言のように綴るブログは、より開放的であるのは、確かですな。



しかし、ブログに載せてる文章が、自分自身の本心かといえば、それだけではなく
いや、本心なんだけれど、どこか演じてる部分があるんです。

「このブログを書いているブログ主」という自分を、演じているから、書ける文章だと思うわけなのです。(なのです。とか実際言わねーし、これも演じてるんですな)


自己の開放を目的としたブログは、これでよいのです。
ではFacebookでは、何をすればいいのか?

長くなったので今回は、ここまで。
To be continue→(1回やってみたかったコレ!)
[PR]
# by p-3h | 2012-07-12 18:33 | 独り言 | Comments(0)

さくらん

e0245053_2441966.jpg

さくらん

大分、今更ですが、さくらんみました。


演技はカスだけど、やっぱ土屋アンナかわいいな。



色彩も綺麗で、監督の蜷川美佳らしさなんでしょうな。
そこに椎名林檎の曲が、JustFit!!!!マジかっけー


動く蜷川美佳の写真集と捉えて見れば、映画好きでも見るられるんじゃないでしょうか。


私は最後まで楽しめありんした。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-11 02:44 | 映画・舞台 | Comments(0)

GETdaze!

e0245053_9554214.jpg

高校生も、大学生も、サラリーマンも、皆ポケモン。


学校でも、電車でもポケモンの話題やゲームを見聞きする。


驚いたのは、サラリーマンが電車内でポケモンをやっていること。


ポケモンは小学生ってイメージがあったけど、今は大人が遊ぶものなんだなぁ。
その辺の感覚が、世の中とズレてきてんのかな。


でも電車内で、ポータブルゲームってどうなんだろう?

高校までは許せるけど、成人してから電車内でゲームは、オレは恥ずかしくて出来ないな。


家ではやるけどね。外ではカッコつけて小説とか読みたいよね。まぁ見栄の話でした。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-05 09:55 | 独り言 | Comments(0)

農業インフィニティ

専門学校の同窓であり、元同僚の友達と飲みに行った。


同時期に退職した彼は、紆余曲折あって今は、田舎で農業の修行中だ。


修行中って!!(本当に、紆余曲折あったんだろうなと思う)
朝5時起床、夜9時就寝。真っ黒に日に焼けし、すっかり健康的になっていた。(うらやましい)



彼がお世話になっている農家では、研修生を受け入れ、食事寝床を提供するかわりに、労働力になってもらっているらしい。

さらには海外からも受け入れを
していて、様々な国から農業体験に来るそうだ。


そんな生活は、いつも賑やかで、毎日が楽しいと言っていた。Very good!



そんな農業ライフにも苦労はある。
市場価格に左右される売上、有機農業であるが故の労力と収穫量の少なさ、
また彼は「環境」という視点も持っており、休耕田により荒れた生態系なども気掛かりな問題だという。



これからの市場で生き残るために、「有機農業」による安心安全に加え、「環境」に配慮した、「保全につながる農業」という付加価値をつけ

地元の大学院で農業、里山環境を研究している院生と協力者し、保全された結果を、数値など具体的に示し

ブログなどカジュアルツールを使い、農業による生態系の保全や、有機野菜の価値を広く一般に伝えていくのが、これらの展望だという。




いずれ力を貸して欲しいと言われたが、その時、必要な技能が自分にあるだろうか。

今はただ、 「未来の為に使った」時間を信じて、積み重ねていくしかない。
[PR]
# by p-3h | 2012-07-04 02:46 | 独り言 | Comments(0)

小説版めだかボックス下

e0245053_2022930.jpg

小説版 めだかボックス下
杁理知戯のおしとやかな面従
または
椋枝閾の杯盤狼藉マニフェスト


めだかちゃんが、目安箱を設置するきっかけになったエピソードでした。
マンガの様な、バトルとかゲームとか派手な事は一切なく、粛々としてますな。


めだかちゃんの性格を再確認する様な感じでした。
今後この教師陣はマンガに登場するんだろうか?
しなさそ~


「天才は語らない」は西尾維新の作品作りのポリシーなんだろうか?

めだかボックスの小説版となれば、 語り部は善吉か、主人公めだかちゃんだろうと思ったが、各章ごとに副題になった教師の視点で語られていた。
[PR]
# by p-3h | 2012-06-04 20:22 | マンガ・小説 | Comments(0)

近未来予言映画

e0245053_17291012.jpg

幸福の科学が、映画作ったらしい。


一見普通の映画だが、「近未来“予言"映画」の見出しに、感じるものがある。



一般娯楽の中に、“ある団体の思想が反映されている"という事実に、なんだか恐怖を覚える。
無宗教大国、日本人ならではの感覚なんだろうけれど。


そういう映画は、実は結構あるんだろうな。A.ワシントンの「ウォーカー」とか。
[PR]
# by p-3h | 2012-06-04 17:29 | 映画・舞台 | Comments(0)

電車で

発車を待って座っていると、小学生に声をかけられた。

「ここは〇〇線ですか?」

まだ一年生くらいだろうか。座ってるオレより、視線が低い。急に尋ねられ、なんだか慌てて答えてしまった。すると矢継ぎ早に次の質問がきた。

「〇〇駅には停まりますか?」

どうやら、こちらが本命の質問だったようだ。
目的の駅にも停車する事を告げると、安心したようで表情がやわらいだ、やわらいで、そのままオレの隣に座った。小学生には自然な流れなのか?

一瞬戸惑ったが、折角なので色々話してみようと思った。(4年前のオレならあり得ない考えだろう。子供嫌いを克服してから、小学生までは可愛いと思えるようになった。)

話を聴いてみると、いつもとは別の友達と帰っていて、その友達について、全く別の路線の、全く知らない駅まで行ってしまったらしい。(途中で気付けよ。)
友達が下車する段になってようやく気付いたと。
余程、夢中になってしゃべっていたんだろうか、その辺が小学生らしさななだろう。多分。

普段は同じ路線の友達と帰っているらしいが、朝は毎日、一人で満員電車に揺られて登校しているそうだ。
小学一年生から電車通学とは、偉いんだか、可哀想なんだかわからない境遇だ。(オレは嫌だ。)



子供との会話には、独特の間がある。言葉に詰まって沈黙してしまうのだ。考えを言葉にするのに時間が掛かるのだろう。
先回りして答えたくなるが、そうしない方が良さそうな気がした。
これは、お年寄りとの会話に似ている。
こちらが先回りして、なんでも答えを決めつけてしまうと、言いたい事が言えずストレスになるそうだ。

これが子供との会話に当てはまるのかは、分からなかったが、兎に角待った。大人同士なら、会話が終わってしまう間だが、待った。

話があちこちに飛ぶし、会話を誘導するのが難しい。こちらの話に納得してるのかも判断できない。
もっと色々聞きたかったが、時間は早かった。




4年前の自分とか、小学生の電車通学とか、小学生との会話の仕方とか、小学生の気持ちとか、色んな事を考えさせられる出来事だった。
[PR]
# by p-3h | 2012-05-17 04:21 | 独り言 | Comments(2)

パロディ

さっき気付いたんだけど


これって
e0245053_635613.jpg



こういう事だったのね
e0245053_635696.jpg


いや~気付かないって、きっとこういうの沢山あるんだろな~
[PR]
# by p-3h | 2012-05-02 06:03 | マンガ・小説 | Comments(0)

小説版めだかボックス上

e0245053_5545712.jpg

小説版 めだかボックス上 久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票


コミックのノベライズ化は最近では珍しい事ではありませんが、
しかし、そのマンガの原作者が小説家というのはどうなんでしょう?

そりゃ原作者が書くのが当然の流れで、いやがおうにも期待は高まり、ハードルが高くて大変そうだなとか。
でも小説家なんだから、小説書くのは当たり前の事なんですよね。

小説家だけに本分です。なんつって。


…さて内容の方は、コミックのストーリー以前、第0箱って事ですが、

上巻は、まぁ何も話が進展してないですな。
一生徒だっためだかちゃんが、生徒会長立候補を決意する訳ですが、
その経緯も語られず、下巻で敵対するであろう教師が最後にチロっと出てきただけです。

まぁマンガでは全く登場しない箱庭学園教師陣の話ですね。(13組の担任になった教師の心労とか語られてます)


改めて思うけど、めだかちゃんて授業受けてたんだ。
13組を教える教師ってどんだけ異常なんだろと思ってたけど、意外と普通で、普通に苦労してるみたいです。


まぁ下巻に期待って事で。
[PR]
# by p-3h | 2012-05-02 05:54 | マンガ・小説 | Comments(0)

悲鳴伝 読了

「難民探偵」とか「少女不十分」みたいな物を想像してたが、西尾ジャンルとしては「りすか」「戯言」シリーズに近いかな。


ただ途中から気になったのは“何故これが最長巨編なのか"だ。

区切りを[第○話]として8話まで。
上下巻にしても良いだろうし、この物語ならまだ広がっていけるだろし、あとがきでも「まだ書いていたい」みたいな事を言ってる。

この厚さの本になったのは“大人の事情"があったのだろうか?

色んな意味で読者の期待を裏切って終わったが、まだ物語としては終わってない。また続編書いちゃうのかな?
[PR]
# by p-3h | 2012-04-29 12:34 | マンガ・小説 | Comments(0)