悲鳴伝 読了

「難民探偵」とか「少女不十分」みたいな物を想像してたが、西尾ジャンルとしては「りすか」「戯言」シリーズに近いかな。


ただ途中から気になったのは“何故これが最長巨編なのか"だ。

区切りを[第○話]として8話まで。
上下巻にしても良いだろうし、この物語ならまだ広がっていけるだろし、あとがきでも「まだ書いていたい」みたいな事を言ってる。

この厚さの本になったのは“大人の事情"があったのだろうか?

色んな意味で読者の期待を裏切って終わったが、まだ物語としては終わってない。また続編書いちゃうのかな?
by p-3h | 2012-04-29 12:34 | マンガ・小説


<< 小説版めだかボックス上 悲鳴伝 >>